自己判断

体脂肪の量(somatic fat volume)は変動がなく、体重が食物摂取や排尿等によって一時的に増減するような場合、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上がることがわかっています。
若年層で長期間咳が続く結核に対抗できる抵抗力を持っていない人々が増加したことや、自己判断のせいで診断が遅れることが素因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。
多機能な肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や狭心症を始めとした様々な疾患を誘発する可能性があることをご存知でしょうか。
規則正しい穏やかな生活の保持、腹八分目の徹底、軽いスポーツなど、古臭いとも思える健康に対するおこないが肌のアンチエイジングにも役立つといえます。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果から、ワクチンの予防接種効果を見込めるのは、ワクチンを注射した14日後から150日程と考えられているようです。
ヘルニアというものは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間に存在する緩衝材的な役割をする椎間板という名称の柔らかい円形の組織が飛び出てしまった症状のことを表します。
通行中の交通事故や山での転落事故など、かなり強い力がかかった場合は、複数のポイントに骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、ひいては内臓が損傷してしまうこともよくあります。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の長期間に及ぶ追跡調査のデータからは、大人に比べて体の小さい未成年のほうが飛散した放射能の有害な影響を受容しやすいことが読み取れます。
触れ合うことで、被介護者がセラピーアニマルのことをすごく可愛いと思うことによって「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスの低減や心の癒しなどに結びついています。
脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを防御し、覚醒現象などをコントロールしており、単極性気分障害(うつ病)の人は作用が減少していることが分かっている。
エイズというのはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染によって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至って些細な真菌などによる日和見感染やガン等を複数発病する症候群そのものの事を称します。
陰金田虫は比較的若い男性に多く確認されており、大抵の場合は股間の辺りだけに拡大し、全身運動をしたり、入浴後のように体が熱くなると強い痒みがあります。
黴菌やウィルスなどの病気を生み出す病原体が口から肺の中に侵入して罹患してしまい、肺自体が炎症を起こした事態を「肺炎」と呼んでいるのです。
男性だけにある内臓の前立腺はその成長や活動に雄性ホルモンがとても密に関係しており、前立腺に発生してしまったがんも同じく、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用を受けて肥大化します。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも症状が発生することがあるため緊急の心臓疾患ではないのですが、短時間で発作が次から次へと起こる時は危険だといえるでしょう。