同じ成分

BMIを求める計算式はどの国も同じですが、数値の評価水準は各国異なっており、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準体重、BMI25以上は肥満、18.5未満だと低体重と決定しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失われてしまった後に市場に出回って、新薬とまったく同じ成分で金銭的な自己負担が小さくて済む(薬の代金の高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を防ぐ作用に優れています。
音楽会やライブなどのおこなわれる会場やダンスするための広場などに備えられている大きなスピーカーの隣で爆音を浴び続けて難聴になってしまうことを「急性音響性難聴」と呼ぶことをご存知でしょうか?
70代以上のお年寄りや慢性的に病気を患っている方は、目立って肺炎に弱くなかなか治らないというと言われているので、予め予防する意識や迅速な処置が肝要なのです。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに機能する糖質、人の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、激しいダイエットではこのように体調をキープするために外すことのできない成分までもを減らしてしまっている。
2005年(H17)年2月以降新しくトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような日本語の文章の記述が各メーカーに義務付けられている。
汗疱状湿疹とは掌や足の裏、指と指の間などに細かい水疱がみられる皮膚病で、通俗的にはあせもと呼び、足裏に出現すると水虫と早とちりされる場合が結構あります。
痩せたいためにカロリー摂取を抑制する、食べる量を落とす、そんな生活のスタイルが結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を誘発していることは、しょっちゅう言われていることなのです。
吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺に達している気道(呼吸器の一種)から血が出る症状で、吐血は十二指腸より上にある消化管から出血することを表します。
スギの花粉が飛散する頃に、小児が体温は異常ないのに頻繁にくしゃみをしたり水のような鼻水が止んでくれない具合なら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いといえます。
高血圧の状態が長期間継続すると、身体中の血管に大きな負担がかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先まで色んな血管にトラブルがもたらされて、合併症を起こす割合が大きくなるのです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了した約1ヶ月後には、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更される飲み薬もあるほど、後発医薬品は各国で採用されているという現実があります。
体脂肪の量は変動が見られないのに、体重が食物摂取や排尿などにより短時間で増減する場合は、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少すると体脂肪率が上がります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も多い中耳炎で小さな子供に多く起こる病気です。強烈な耳の痛みや38度以上の熱、ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)など多岐に渡る症状が現れます。